本人以外の代理で請求するケースの注意点

借金の問題となると、自分だけではなく家族全体の問題になるケースも少なくありません。

過払い金請求をしたいという場合に、請求したい本人が病気などで手続きを進めていくことが難しいというようなことになると、家族が代理で進めていくことは出来ないのだろうかと考えると思います。

実際、本人以外の人が代理で過払い金を請求することは可能です。弁護士や司法書士などに相談することも出来ますし、専門家に依頼せずに請求することも可能です。

しかし、代理人が専門家に依頼をせずに請求するとなると手続きを行なっていくのも大変で時間も必要となります。

また、業者側と合意しなければ過払い金が返還されませんが、多くの場合、代理人では合意にたどり着けないケースがほとんどだと思います。

そこで、弁護士や司法書士などの専門家などに相談するべきだと思いますが、専門家に相談する際も、最終的に専門家と契約するためには、専門家と債権者本人は必ず面会する必要があり、債権者本人から過払い金を請求したいと思っていることを直接確かめる必要があります。

本人が病気などで家から法律事務所などに出向くことが出来ないという場合もあると思いますが、そういった場合であっても出張で相談に来てもらえるので、まずは相談してみると良いでしょう。
代理人が請求する場合は本人が請求するよりも大変ですが、返還してもらえることはじゅうぶんに可能なので、諦めずに相談してみると良いでしょう。

完済後に再び借金した場合の計算方法とは

これから過払い金の請求をすることを検討している人のなかには一度借金を完済した後に、また同じ業者から借金をしたという人もいると思います。

そういった場合、複数の借金を一つと考えて過払い金を請求することが出来るのか、一つ一つ別々の扱いになるのか気になるところだと思います。

一つの借金としてみなされるか、別々とみなされるかによって、請求して返還してもらえる額も大きく変わってきます。

複数の借金を一つとして計算した場合の方が別々に計算する場合よりも過払い金の額は大きくなるので、過払い金を返還することになる業者側からすれば少しでも返還する額を少なくしたいので、一つにまとめて計算するのではなく、これは別々の借金であるということを主張してきます。

一つ一つの契約の間に空白期間があるというような主張をされると、専門知識がない人であれば業者側の主張に反論することが出来ないと思うので、このようなケースでは少しでも有利な状況で合意してもらえるように、弁護士などの専門家に依頼して請求するべきだと思います。

専門家に依頼して業者側と交渉してもらえば、一般的なケースでは一つにまとめて計算してもらえることが多いと思います。

自分の場合は一つにまとめることが出来るのかどうか不安だという人は、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

正当な額を返還してもらえるように、依頼する弁護士や事務所選びはしっかりと行なっていきたいところです。

 

返済の遅延があっても請求出来るのか

これまで、過払い金の請求を行なっていないという人の中にも、請求をしたらひょっとしたら過払い金が戻ってくるかもしれないと思っている人はたくさんいると思います。

しかし、そういった人のなかには返済中に返済を遅延したことがあるという人もいて、遅延をした経験があると仮に過払い金があったとしても返還してもらえないのではないかと思っている人もいるかもしれません。

しかし、返済の際に遅延したことがあっても過払い金は請求することが出来ますし、遅延したことがあることによって、返還に応じてもらえなかったり、金額が減額されてしまうというようなこともありません。

しかし、過払い金があるというケースであるならば、遅延金にも高い利息がついているケースがほとんどだと思うので、その分も計算されて返還される額に上乗せされることが期待できます。よって、遅延したことがあるからといって請求するのを躊躇する必要は全くないのです。

まずは、自分にはお金が戻ってくる可能性があるのかということや、どれくらいの額が戻ってくることが期待できるのかなどを知るために、弁護士や司法書士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

依頼する専門家によって、知識や交渉力や、報酬設定などもそれぞれ異なるので、どこに依頼しても同じというわけではありません。ネットなどでしっかりと情報を集めて良い結果となることが期待することができて、安心して任せることが出来るようなところを選んでいく必要があります。

医療ローンなどで高額のお金を借りる場合は、返済が滞る事の内容に気を付けないければなりません。